FC2ブログ

漢字検定1級合格を目指すブログ

漢字検定1級を合格を目指す!現在1級勉強中/漢字検定/各級練習問題/漢字検定勉強法/過去問題/模範解答/漢字検定参考書/1級や準1級の勉強方法や過去問題も取り上げます

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

練習問題 1級 読み 

1級の読み問題です。

見たことのない漢字がどんどん出てきますね(苦笑)
まあ地道な勉強で少しずつ覚えていくしかありません。

ではいくつかやってみましょうか。

スポンサーサイト

にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
人気ブログランキングへ

[練習問題 1級 読み ]の続きを読む

| 練習問題と解答 1級 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1級 読み 動物など

1級をやってると時々めまいがします(笑)。
そう言うのは嘘ですがいろいろな動物の名前を読む問題も出ますよね。

なんとなく目についたものをチョイスしてみましたのでぜひやってみてください。

ではどうぞ!


にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
人気ブログランキングへ

[1級 読み 動物など]の続きを読む

| 練習問題と解答 1級 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

漢字検定1級 類義語対義語

類義語対義語もかなり難しいですね。
ちょっとだけやってみましょうか。
1級はどれも難しいのでより反復学習が必要です。

私の親戚で1級を何度も合格している方がいるんですけど、もう1日中勉強しているとか。
そんな時間がない私やみなさんは短時間集中型でがんばりましょう。

では問題です。




にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
人気ブログランキングへ

[漢字検定1級 類義語対義語]の続きを読む

| 練習問題と解答 1級 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1級 魚偏の漢字

魚偏の漢字をいくつか学習してみましょう。
よくお寿司屋さんの湯呑みにたくさん書いてあったのが懐かしいですが、こんなところでまた勉強することになるとは夢にも思いませんでした(笑)

ではいってみましょう!


にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
人気ブログランキングへ

[1級 魚偏の漢字]の続きを読む

| 練習問題と解答 1級 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

漢字検定 1級 過去問題 平成21年度 第3回 読み問題 その1

過去問題の解答と解説をやっていきたいと思います。
最初は平成21年度第3回の読み問題からです。

1.丱角より学に志があった。
2.関雎の楽しみを享受する。
3.卓犖不羈の論を作して名声を得た。
4.容易なことで落ちる賊寨ではない。
5.非望を覬覦するのを愚を犯していた。
6.九天の雨潦一時に降るかと思われた。
7.識者の嗤笑を招きかねない。
8.殿には上廁の際にも護衛がついた。
9.髫齔よりして大器の片鱗を窺わせた。
10.糧餉が乏しくなった。

にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
人気ブログランキングへ

[漢字検定 1級 過去問題 平成21年度 第3回 読み問題 その1]の続きを読む

| 過去問題 解答 解説 1級 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

漢字検定 1級 過去問題 平成21年度 第3回 読み問題 その2

過去問題 平成21年度3回目の続きです。
読み問題の11~20をやっていきましょう。


11.周辺に陪冢数基を見る。
12.下命を拝して帷幄に参ずる。
13.蒼朮を飲み発汗を促す。
14.鈕釦に意匠が凝らしてある。
15.饕餮厭くを知らざる人物であった。
16.淫祀邪教として禁遏を加えられた。
17.山の皺襞が深い谿を刻している。
18.殄滅の宿運を免れなかった。
19.鳧脛短しといえどもえもつがば則ち憂えん。
20.を以て楹と為す。

にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
人気ブログランキングへ

[漢字検定 1級 過去問題 平成21年度 第3回 読み問題 その2]の続きを読む

| 過去問題 解答 解説 1級 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

漢字検定 1級 過去問題 平成21年度 第3回 読み問題 その3

1番の読み問題21~30です。
ここは訓読みですよね。
分かりそうで分からない問題が多いです。
ではやっていきましょう。


21.の年輪測定により建築年代が判明した。
22.晩秋のれていく野に佇む。
23.なことはしない方がよい。
24.心中を真顔でえている。
25.に横綱の相撲は見応えがあった。
26.尾大わざるの憾みがある。
27.家郷を離れて辺境をった。
28.は三途の川。
29.声音吁としてる可し。
30.百足の虫は死に至るもれず。

にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
人気ブログランキングへ

[漢字検定 1級 過去問題 平成21年度 第3回 読み問題 その3]の続きを読む

| 過去問題 解答 解説 1級 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。