漢字検定1級合格を目指すブログ

漢字検定1級を合格を目指す!現在1級勉強中/漢字検定/各級練習問題/漢字検定勉強法/過去問題/模範解答/漢字検定参考書/1級や準1級の勉強方法や過去問題も取り上げます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
人気ブログランキングへ

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

四字熟語辞典 準1級 「き」

四字熟語 準1級「き」です。

字から意味を察することができればだんだん覚えられるようになりますよね。

頑張っていきましょう。


にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
人気ブログランキングへ



奇技淫巧…きぎいんこう
珍奇な技や過度な技巧を用いること。
快楽だけを求める者のこと。

規矩準縄…きくじゅんじょう
物事や行動の手本や規則、規範。
規矩はコンパスと物差しから、準縄は水準器と直線を引く墨なわで、基準。

棄甲曳兵…きこうえいへい
よろいを脱ぎ棄てて、武器を引きずりながら歩くの意。
戦いに敗れ、戦意を失って逃げること。「曳兵」は武器を引きずる、兵は兵器のこと。

規行矩歩…きこうくほ
規則正しく歩くこと。
転じて、品行方正なこと。
古い法規や制度をかたくなに守り続けること。

気骨稜稜…きこつりょうりょう
自分の信念を曲げることなく、断固としてそれを貫こうとすること。
「稜稜」は厳しく威勢のあること。

貴耳賤目…きじせんもく
人からの伝聞のみを重んじて、実際には見ることを軽んじること。
また、やはり伝聞でしか知らない過去の学説ばかりを尊重し、現在の研究を軽視すること。

貴賤上下…きせんじょうげ
身分の高い人と低い人。また、それらの人たちすべて。

気息奄奄…きそくえんえん
「気息」は呼吸。今にも死にそうであえいでいる様子。

吉日良辰…きちじつりょうしん
「辰」は日。良い日がら、めでたい日。

吉祥悔過…きちじょうけか
本尊吉祥天の前に罪を懺悔し、国家安穏、五穀豊穣を祈る法会(ほうえ)のこと。
毎年正月に行われる。

亀甲獣骨…きっこうじゅうこつ
亀の甲羅とけものの骨。中国古代に占いに使われたもの。占いの総称。

肌肉玉雪…きにくぎょくせつ
女性の肌が雪のように白く輝き、美しいさまの形容。

鬼斧神工…きふしんこう
鬼が斧をふるい、神が細工してできたもの。世にまれな傑作への賛辞。神工鬼斧とも言う。

亀毛兎角…きもうとかく
亀の毛と兎の角の意で、実際には存在しないたとえ。

記問之学…きもんのがく
古典などを読んで覚え、人がそれについて質問するのに対処するだけで、少しも実にならない学問。

客塵煩悩…きゃくじんぼんのう
思いがけず外的な要因によってもたらされたさまざまな心の迷い。「客塵」は無数の細かいけがれの事。

汲汲忙忙…きゅうきゅうぼうぼう
「汲汲」は忙しい様子。たいへんせわしないようす。多忙なこと。休みなく働くさま。

泣血漣如…きゅうけつれんじょ
あまりの悲しさのために、涙がとめどもなく流れること。「泣血」は本来の涙を流しつくして血の涙を流すほど泣くの意。「漣如」は涙があふれ流れるさま。

九皐鳴鶴…きゅうこうのめいかく
奥深い沢に潜んで泣いている鶴の意。身を隠していても、名声が世に知られてしまうこと。

丘山之功…きゅうざんのこう
丘や山のように高くそそり立つ功績。偉大な功績のこと。

鳩首凝議…きゅうしゅぎょうぎ
頭を寄せ合って熱心に相談すること。鳩は集めるの意。

窮鼠嚙猫…きゅうそごうびょう
追われて逃げ場を失ったねずみが逃げることをあきらめ、生命をなげ捨てて猫にかみつくこと。弱者であっても、窮地に追いつめられれば最後の力を振り絞って抵抗し、まれには勝つこともあるというたとえ。

九鼎大呂…きゅうていたいりょ
「九鼎」は中国古代の夏、殷、周三大にわたって受け継がれた宝。「大呂」は周の宗廟にあった巨大な釣鐘で、やはり国家の大切な宝だった。つまりは国家の大切な宝、または重要な地位のこと。

旧套墨守…きゅうとうぼくしゅ
古い制度や慣習をそのまま固く守り続けること。またそのために少しも融通の利かないこと。

朽木糞土…きゅうぼくふんど
学ぶ意欲も無くだらけていて、教育のしようもないダメな人間。またどうにも手の施しようのない者、役に立たないもの。朽ちた木と腐った土塀の意から。

挙案斉眉…きょあんせいび
夫婦の間の礼儀がしっかりしていることのたとえ。夫に出す食事でも、妻はお膳を眉の高さまでささげるという意から。「案」は膳、「斉」は等しいこと。

堯階三尺…ぎょうかいさんじゃく
中国の伝説上の聖天子である堯の御殿の階段は、土でできていて高さが三尺にすぎなかったの意。転じて、質素な生活をすること。

狂簡斐然…きょうかんひぜん
大志を抱いているのに実行が伴わず、すぐに人になびくこと。

僑軍孤進…きょうぐんこしん
救援も無く孤立して戦うこと。「僑軍」は他の土地から来た軍隊。

堯鼓舜木…ぎょうこしゅんぼく
よく人の進言を受け入れること。中国の聖天子堯は太鼓を置き、自分を諌めようとする者にはこれを打たせた。また舜は木を立てて、これに自分を諌める言葉を書かせたという故事から。

教唆煽動…きょうさせんどう
人をそそのかして、気持ちをあおりたて自分の意のままに行動させること。

| 四字熟語辞典 準1級 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。